1. HOME
  2. お知らせ
  3. 秩父市の27施設に実質再エネ100%の電力を供給します!

NEWS

お知らせ

ニュースリリース

秩父市の27施設に実質再エネ100%の電力を供給します!

概要

2021年12月より、秩父市役所本庁舎・歴史文化伝承館・秩父宮記念市民会館、各総合支所、各小中学校の全27公共施設で、実質再生可能エネルギー100%の「ちちぶRE 100(アールイーワンハンドレッド)電力」を導入いただけることになりました。

ちちぶRE100電力とは

「ちちぶRE 100電力」は、ちちぶ地域の豊かな自然を活用した「ちちぶ産」の「再生可能エネルギー」や「未利用エネルギー」等と、「トラッキング付非化石証書(再エネ指定)」を組み合わせた秩父新電力独自の電力プランで、導入施設では実質再エネ100%の電力で「電力使用によるCO2排出量ゼロ」が実現されます。

 秩父市は、2019年12月に、県内の自治体で初めて2050年にCO2排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」の実現に取り組むことを宣言し、これに向けて、「公共施設の省CO2化改修」や、秩父新電力が供給する「CO2排出係数の低い電力の活用」などの取組を進めてきました。特に電力の使用においては、CO2排出量ゼロの「ちちぶゼロカーボン電力」プランを本庁舎・歴史文化伝承館・秩父宮記念市民会館の3施設で導入いただくなど、地域の脱炭素化をリードする取組を進めてきました。

 そしてこのたび、更なるCO2排出量削減を推進するため、前述のゼロカーボン電力導入施設に各総合支所(吉田・大滝・荒川)・各小中学校21校を加えた全27施設に、秩父新電力の新設した「ちちぶRE100電力」を導入いただくことになりました。

 秩父新電力では引き続き、公共施設における脱炭素化を進める等、秩父市と連携して、持続可能なまちづくりに向けた取り組みを加速させていきたいと思います。

導入による効果

2022年度の「ちちぶRE100電力」導入27施設の電力使用によるCO2排出量は「ゼロ」になります!市公共施設全体のCO2排出量も約1,700t-CO2(約30%)削減できる見込みです!(2020年度比)

RE100とは

グローバル企業が気候変動対策として、事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化にコミットする協働イニシアチブです(https://www.there100.org/)。世界で300社超、うち日本企業62社が加盟しています(2021年11月現在)。「ちちぶRE100電力」はこのRE100の条件に適合した電力です。