パワーシフト・キャンペーンで秩父新電力を紹介いただきました

パワーシフト・キャンペーン(12団体で運営、事務局:国際環境NGO FoE Japan)で秩父新電力を紹介いただきました。紹介HPはこちら、紹介リーフレットは下記をご参照下さい。

 パワーシフト・キャンペーンは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会にむけて、電力(パワー)のあり方を変えていくために、自然エネルギー供給をめざす電力会社を応援しています。今回、運営団体との面談を通じて、パワーシフト・キャンペーンが重視する下記7つのポイントと秩父新電力の目指す方向が合致していることが確認され、紹介いただけることになりました。

1.「持続可能な再エネ社会への転換」という理念がある
2.電源構成などの情報開示をしている
3.再生可能エネルギーを中心として電源調達する
4.調達する再生可能エネルギーは持続可能性のあるものである
5.地域や市民によるエネルギーを重視している
6.原子力発電や石炭火力発電は使わない
7.大手電力会社の子会社などではない